コンテンツへスキップ

教師紹介

Hikari TAKAMIZO
経歴
5歳からクラシックバレエを始める。日本の短期大学保育科で保育士資格・幼稚園教諭免許二種を取得後、2014年秋よりフランスへ留学。パリとトゥールーズのクラシックバレエ教師課程で学ぶ。2019年、トゥールーズ公立高等芸術学院 (Institut supérieur des arts de Toulouse) にて、フランス文化省が発行するダンス教師国家免許(クラシックバレエ) – Diplôme d’état de professeur de danse (classique) を取得。同年、公立トゥールーズジャンジョレス大学(Université de Toulouse Jean Jaurès) 学士課程修了。その後、公立リール大学院 (Université de Lille) にて17〜18世紀のバレエの原型といわれるバロックダンスに関する研究をし、2023年同大学芸術修士課程舞踊批評学科修了。2020-21年度フランス政府給費生。

フランス国内の公立ダンス・音楽学校であるコンセルヴァトワールでダンス教師として勤務。セルジー・ポントワーズコンセルヴァトワール(Conservatoire à rayonnement régional de Cergy-Pontoise)では専任クラシックバレエ教師 (2e cycle、3e cycle et DEC)・イニシアッションクラス教師、そしてオーベルヴィリエコンセルヴァトワール(Conservatoire à rayonnement régional d’Aubervilliers) の専任クラシックバレエ教師 (1er cycle、2e cycles、3e cycle et DEC)として経験を積む。また、2022-23年度にはPEAC(フランスの公立小学校での芸術体験プログラム)に携わり、作曲家とコラボレーションして小学生とのオペラ制作で振付・指導を担当し、自身もダンサーとして出演。
2019年〜2023年の間、フランスで集中的にバロックダンスに取り組み、フランス国内の多くのバロックダンサー・振付家からバロックダンスを学びながら、修士課程の研究題材とした。2021年〜2023年の期間にはThéâtre Molière Sorbonne劇団に参加、モリエールの作品である “病は気から(Malade imaginaire)” の公演に、ヴェルサイユのオペラ劇場をはじめフランス各地の劇場での公演で踊った。
2023年、これまでの経験を生かして日本でダンス・バレエ教室を開くために帰国。

フランスのコンセルヴァトワールでの勤務経験からより教育的観点からのダンス指導、保育科での学びと保育士経験からより子どもの心と体の発達に寄り添った指導法の追求、バロックダンス経験や2022-23年度に受講したリトミックのアトリエからの学びを取り入れた音楽性の習得のためのアプローチ、教師課程や大学・大学院で学んだ舞踊理論の知識のシェアを、指導する上で心がけている。


Diplôme

Diplômes
– Diplôme d’État de professeur de danse (option classique) délivré par le Ministère de la culture, France
– Master arts – pratiques critiques en danse (Université de Lille)
– Diplôme de puéricultice (Japon)
– Diplôme d’institutrice maternelle (Japon)

Bourses
2020-21 Boursière du gouvernement français

Langues
Japonais et Français

資格・免許
・フランス文化省発行ダンス教師国家免許(クラシックバレエ)
・芸術修士号(フランス)
・保育士資格(日本)
・幼稚園教諭二種免許(日本)

・赤十字幼児安全法支援員資格(2024年1月)

言語
日本語、フランス語

フランス文化省発行ダンス教師国家免許

保育士資格、幼稚園教諭二種免許
Diplômes de puéricultrice, institutrice maternelle

修士号Master (Bac+5)

Hikari commence la danse classique depuis l’âge de 5 ans à Tokyo. Comme elle a un grand intérêt pour l’éducation à la petite enfance, elle décide de devenir professeure de danse, spécialisée à l’enfant.

Elle étudie l’éducation à la petite enfance au junior college à Tokyo, puisque le diplôme pour enseigner la danse n’existe pas au Japon. À la suite  de l’obtention de diplômes de puéricultrice et d’institutrice maternelle, en 2014, elle part en France pour étudier l’enseignement de la danse classique. Elle obtient l’EAT(examen d’aptitude technique), puis les UV (Anatomie-physiologie, Histoire de la danse, et la formation musicale pour danseurs), puis suivi un formation de la pédagogie de la danse dans des écoles de danse à Paris et à Toulouse. Elle obtient le Diplôme d’État de professeur de danse à l’Institut supérieur des arts de Toulouse en 2019. En parallèle, elle suit une licence arts du spectacle à l’Université de Toulouse Jean Jaurès. Ensuite elle obtient un master arts – pratiques critiques en danse en 2023 à l’université de Lille, afin d’acquérir ses connaissances dans le domaine d’arts et de danses. Durant son master, elle travaille notamment “la danse baroque” comme l’objet de recherche.

Elle travaille au conservatoire à rayonnement régional de Cergy-Pointoise en 2021-22 en tant qu’un des professeurs principaux de danse classique. Elle charge l’enseignement dans des classes différentes:  Initiation 1 et 2, 1C1, 2e cycle, 3C cycle et DEC. Puis, enseigne au conservatoire à rayonnement régional d’Aubervilliers en 2023 en tant que professeur de danse classique : 1C3, 1C4, 2e cycle, 3e cycle et DEC, et dans une école de danse (privée) à Asnières-sur-Seine.

Elle participe en tant que danseuse, chorégraphe, et professeure de danse pour le projet “PEAC” dans une école primaire à Guéret en 2022-23, pour la  création d’un opéra.

Non seulement le métier d’enseignant, elle participe au projet de Malade imaginaire du Théâtre Molière Sorbonne durant 2021-2023, danse dans plusieurs représentations.

Elle retourne définitivement au Japon en été 2023, pour enseigner la danse dans son pays natal.


フランスのダンス教師国家免許とは

フランスで、クラシックバレエ・コンテンポラリーダンス・ジャズダンスを教える場合、文化省から発行される « ダンス教師国家免許- Diplôme d’État de professeur de danse- »を保有することが義務付けられています。1989年にこれに係る政令が交付されました。当教室教師はこのダンス教師国家免許の、”クラシックバレエ”の免許を取得しています。

取得までの基本的な過程は、

実技試験
・E.A.T(クラシックバレエの指定バリエーション、創作バリエーション、即興)

理論試験
・解剖学と生理学
・舞踊史
・音楽

指導法試験
・指導法試験 (子どもエヴェイユ・イニシアッションクラス1つと、8才以上のクラシックバレエクラス1つ)
・AFCMD (ダンスの動きのアナリーゼ)
・面接

となっています。次の段階に進むためには各試験に合格する必要があり、全てを修了するまでに最短ルートでも3年ほどかかります。
その他、プロのダンサー経験者の為の別ルートの取得方法もあります。

教師課程在学中にはダンス学校で見学や実習に参加し、実地経験も積みます。
私の場合はトゥールーズコンセルヴァトワール、モントーバンコンセルヴァトワール、私立のバレエ学校、幼稚園・小学校で見学や実習をしています。

尚、フランスではこの免許なしにフランスでバレエ・コンテンポラリー・ジャズのダンスを指導することは違法となります。
(日本ではバレエ指導のための国家資格はなく、誰でも指導することができるのが現状です。)
最近、子供に関わる職場での日本版DBS導入が検討されていますが、フランスでは2015年の時点で既に、ダンス教師国家資格課程に入学する時点で、無犯罪証明書の提出が必要でした。そういうことも含め、安全にダンスを習える環境づくりに関しては、フランスの方が進んでいると考えています。